丸協運輸株式会社

丸協運輸の活動

丸協運輸の安心・安全に対する取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み

丸協運輸ではSDGs(詳細はこちら「国際連合広報センター」)への取り組みを行っています。

私たちのテーマ

「物流を止めない」
 ~持続可能な社会の実現・物流サービスを通じた社会貢献を目指して~

しかし、トラックを走らせることで、CO2排出量が増加するという矛盾が生じます。
では、私たちには何ができるのか。
座長:渡部社長を始めとするSDGs推進メンバーでSDGs推進会議を実施、17の項目のうち丸協運輸として重点的に取り組むべきゴールを「SDGs取組評価シート」にまとめ、設定致しました。この丸協運輸の目指す3つのゴールとそれらを達成するための取り組みをご紹介します。

 

3.すべての人に健康と福祉を
・空調服の導入
・アシストスーツ
・荷役作業時の安全対策(ホワイト物流への取り組み)
・異常気象時等の運航の中止・中断等(ホワイト物流への取り組み)
・ドライブレコーダーの全車両設置・活用
・交通安全講習会の実施
・全施設にAED設置
・テレワーク、消毒、換気などのコロナ対策の実施
・有給休暇の取得


↑空調服

  
↑アシストスーツ



9産業と技術革新の基礎をつくろう
・物流DX
→倉庫の自動化・ロボティクス化
・運送内容の見直し(ホワイト物流への取り組み)
→パレットの利用
出荷に合わせた生産・荷づくり等
高速道路の利用
・デジタル稟議決裁承認システム(稟議書のオンライン化によるハンコ・ペーパーレス化)


13気候変動に具体的な対策を
・電気トラックの導入(7月導入予定)
→トラック1台当たりの年間CO2排出量は前年度の3%減を目指します
・エコ運転(アイドリングストップ、燃費改善、無駄な回送をしない)
・モーダルチョイス(最適な物流チョイス)
・物流の4Rの実現・展開
Refuse:物流をやらない=無駄な在庫をもたない、「共同倉庫」
Reduce:トラックの稼働台数を減らす、ミルクラン
Reuse:帰り便を活用して空車回送を減らす、スペースの有効活用
Recycle:カテゴリー共配

SDDへの取り組み:FM大阪

 

FM大阪の活動、『SDD』=STOP!DRUNK DRIVINGは 1人でも多くの方に、賛同していただくことで、この世の中から、飲酒運転をなくそうというプロジェクトです。

「あなたには何ができますか?飲酒運転をなくすために。」

このプロジェクトを通じて、すべての方々に、飲酒運転など言語道断であることを自覚していただくことが、ステップの第一歩。

そして、自分が飲酒運転しないだけでなく、家族や友だちといった、自分のまわりの人たちにも、このプロジェクトをご紹介いただき、賛同してくださる仲間を増やしていってほしいのです。

どんな小さなことでもかまいません。

まずあなたが、SDDプロジェクトメンバーとして、できることをしてみてください。 その1つ1つの行動が、SDDの大切な活動です。

丸協運輸はこの活動を応援しています。

 

CM放送番組案内
毎週月曜日 7:50頃~ (2020年11月~2021年3月までの期間限定
毎週月曜日 20:30~20:55 CM放送時間
http://fmosaka.net/sdd/

 

藤原寿夫メッセージ

 

上田大輔メッセージ

 

藤原優メッセージ

 

 

 

AEDを全事業所に設置

万が一の際に人の命を救う『AED』

丸協運輸は全従業員の安全確保と、地域貢献の取り組みの一環として、

2014年12月よりすべての事業所に設置しております。

http://www.jhf.or.jp/aed/

スポーツ振興

バスケットボールチーム『大阪エヴェッサ(B1)』を応援!

合田怜選手(日本代表候補メンバー選出)が来社!

2019年6月26日、大阪エヴェッサ(B1)の合田怜選手(日本代表候補メンバー選出)が来社されました。
大阪エヴェッサは、B1リーグ・2018-19年シーズンは西地区で4位の結果でした。
来シーズンも引き続き、丸協運輸は『大阪エヴェッサ』を応援します!

社内クラブ活動

野球部

2001年夏に”Marukyo baseball club”として結成。
青春時代を思い出しながら汗と泥にまみれて練習をしています。
東大阪大会などにも出場しています。

茶道部

2001年春に結成。
月2回のおけいこで部員が一人ずつお茶をたてます。
おかげで女性らしさに磨きがかかるという噂。

その他の取り組み

女性活躍推進法関する行動計画:2016.04.01

次世代行動計画:2015.04.01