丸協運輸株式会社

3PL

丸協運輸の3PL

3PL=3rd party logistics とは、お客様(荷主企業)のロジスティクス業務を物流専門業者へ包括的に委託し、お客様(荷主企業)に代わってマネジメントを行うことを言います。

丸協運輸は、
全国各地の拠点、1000台を超える自社車両、自社システム開発部門を保有するアセット型3PLを展開しています。

物流品質No.1の最適物流

「顧客サービスの向上」「物流関連コストの削減」「市場競争力の向上」などを目的として、荷主企業と共に、ロジスティクスシステムの改善を図り、最適物流の提案及び、物流アウトソーシングが出来る業者、それが丸協運輸です。

丸協運輸では、今まで培ってきた 「コンサルティング能力」「ネットワーク力」に加え、新たな戦略である「情報システム開発力」を持って、荷主の皆様とともにコスト削減・物流システムの改善をはかり、自信をもって最適物流を提案しています。

運送

スケールメリットを活かした きめ細やかなサービスを実施

ドライバーの高齢化や輸送の多品種小ロット化が進み、トラック不足 という問題が深刻化する中、当社では1000台を超える自社車両を 保有し安定的な輸送サービスを提供しております。実輸送業者とし ての経験を活かし、センター運営、配車計画、情報システムを融合し、 幅広いネットワークを生かした物流サービスを提供し続けます。

倉庫

すぐれた収容能力と立地の良さを兼ね備える

丸協運輸では大きな収容能力と高速道などへの良好な交通アクセスを 持つ倉庫群を多数保有しています。企業のアウトソーシング化が進む 中、倉庫の果たす役割はますます重要となっています。

海外

海外拠点をベースに物流の新しい事業展開を

日本国内にとどまらず、海外へもネットワークを広げる丸協運輸。海外 事業部を窓口として、中国丸協、また海外グループ拠点と共に世界に 広がるネットワークを活かし、お客様のグローバル化にもスピーディー に対応します。
弊社の海外事業部と共に、グローバルロジスティクスを実現します。

情報システム

自社開発・運用システムが 高品質の物流業務を支える

運送・倉庫・海外の業務をシステム面で支え、3PL業務を実現します。 品質向上とコスト削減の両立を目指し、最適な物流業務設計を実現する 業務システム(WMS)を自社開発・運用しています。

アセット型3PLを支える情報システム

カスタマイゼーション

・お客様の物流を最適化する為、お客様に合った物流業務設計し、業務システム(WMS・TMS)をお客様用にスクラッチで自社開発しています。
・WMSはフリーロケーション管理、各ピッキング方式(トータル・マルチ・オーダー・ダブルト ランザクション)、柔軟な在庫引当ロジック構築等に対応しています。
さまざまなEDI方式(レガシーから次世代、FTP over VPN等個別の方式にも)に対応して おり、お客様との情報連携が実現します。
・デスクトップアプリケーションだけでなく、物流業務の必要に応じ、ハンディターミナルや スマートデバイスなど各種デバイス用アプリケーションも自社開発しています。

サポート体制

システムは自社開発陣が、そのまま自社運用しています。それにより、迅速なイレギュラー対応で高い可用性、継続的なイ ンテグレーションを実現しています。また、社内は各拠点とVPN網でつながっており、バックアップ等のサポート、デスク トップリモートによる操作サポートなど迅速な対応が可能です。

社内システム連携

倉庫(お客様毎のWMS等)、運送(共配は配車支援等のTMS)、そして社内システム(海外事 業部システムや経理系のシステム)まで自社開発の為、シームレスな情報連携が可能、物流 フロー全体をサポートしています。