物流トピック

物流トピック

「作業は人」でも高度なDXは可能

競合する同じ業界4社の物流の責任者が一堂に会し、各社の物流の仕組みを比較しながら紹介するという、面白いテレビ番組※がありました。登場したのは、ネットスーパーの「Amazon Fresh」「楽天西友」「イトーヨーカドー」「イオン」の4社です。...
物流トピック

国土交通省、公正取引委員会、厚生労働省が荷主対策に取り組む

「荷主対策」とは、荷主によるトラック運送事業者の法令違反を起こさせる行為や、荷主という強い立場を利用しての不適正な取引をやめさせるためのものです。 本来、運送事業者が荷主に対して直接申し入れ、交渉すべきとも言えるのですが、力関係もあっ...
物流トピック

”丸投げ”されていますか?

2022年6月号のロジビズは「脱・丸投げ」特集です。多くの荷主企業が物流を ”丸投げ” していたことを反省し、何とかせねばと考えている、あるいは、「このままでよいか考えましょう」というロジビズのメッセージです。物流危機が現実的に近づいてきた...
物流トピック

2024年問題を踏まえ、持続可能な物流を

2024年4月より、トラックドライバーの時間外労働について、罰則付き上限規則が始まります。丸協運輸では対策は完了していると聞いていますが、これはかなり先進的状態です。先日、物流事業者の集まる講習会では9割の参加者が「2024年問題対応に不安...
物流トピック

売上規模で店舗への出荷頻度見直し

メガネの製造・販売を行っているジンズ社では、店舗の売上規模に応じて店舗への商品出荷頻度と出荷量を調整することにしました。これにより配送によるCO2排出量を年間約15%削減でき、従業員の作業工数減も見込めるということです。 現在、同社で...
物流トピック

物流改善には製配販(サプライチェーン)で取り組むのが有効

”製配販”とは、メーカー、流通業者、小売業者が連携して取り組むという意味で、物流の改善には、一社単独よりも大きな効果が生まれるため、国としても推進しています。2021年度の経済産業省が表彰したSCI(サプライチェーン・イノベーション)大賞は...
物流トピック

カスタマーハラスメントは増加傾向との実態調査

全日本交通運輸産業労働組合協議会(交運労協)は、カスタマーハラスメント(カスハラ)の悪質クレーム・迷惑行為に関するアンケート調査を行いました。 全国の公共交通機関や物流、観光産業の現場で働く20,908名が回答し、「直近2年以内に迷惑...
物流トピック

持続可能な物流に向けた荷主の動き

物流危機時代、荷主の物流の最優先事項は「持続可能」であると言われています。ドライバーの拘束時間削減に主体的に取組む荷主が出てきました。どんな方法で取り組んだのか、最近公開された事例をいくつか紹介します ...
物流トピック

物流危機や環境問題に関わる改善の動き、SDGsのどこにあてはまる?

物流事業者及び荷主企業において行われている改善は、SDGsで目指すべき方向性とも合致しています。それぞれSDGsのどのターゲットに合致するものか考えてみませんか?   (回答例)SDGsのどこにあてはまる? ...
物流トピック

小売業者によるトラックバース予約システムの導入

小売業者によるトラックバース予約システムの導入 ~ヤオコー殿の例~ ドライバー不足をはじめとする物流危機対応のため、ヤオコー殿では自社物流センターについて予約システムを導入しました。2018年から下記の取り組みを開始し、実態把握・課題...