物流トピック

物流トピック

サステナブルな物流への取り組み

サステナブルな物流への取組み ~オタフクソース殿の例~ 物流危機や温暖化問題も解消の見込みが立っていません。オタフクソース殿では、物流危機のみならず、環境問題、食品ロス問題等、メーカーの課題に幅広く取組んでおられます。「車両到着後30...
物流トピック

荷主と運送事業者には大きな認識のずれがあった

国土交通省が2021年に行ったトラック輸送状況の実態調査結果です。たとえば荷待ち時間について、荷主は2割発生と認識している一方、実運送事業者では7割が発生と認識がずれています。標準運送約款や改善基準告示については、「存在も内容も知らない」荷...
物流トピック

「ノーコードツール」とは?

聞き慣れない言葉だと思いますが、誰でも簡単に情報システムを開発できるツールのことで、いま注目を集めつつあります。従来、システム開発には “コーディング”が必要でした。下の図はその一例です。これを習得せよと言われてもなかなか難しいかと思います...
物流トピック

物流DXとは?

国土交通省では、物流DXについて「物流のこれまでのあり方を変革すること」と定義し、推進を図っています。情報・コスト等を見える化すること、ソフトやハード、業務プロセスを標準化することにより、生産性を向上させることが物流DXの目的です。 ...
物流トピック

「DX」と盛んに言われています。物流ではどうでしょう?

「DX」は「でぃーえっくす」と読み、Digital Transformationの略称です。 Transformationが「交差する」という意味を持つため、これを「X」=クロスと表わすことがあり、DXとされているようです。 DXとは...
物流トピック

標準的運賃をベースに業務を改めて分析すると?

標準的運賃にもとづく運賃・料金の届出は、2021年2月末の状況で6.1%(3,500社弱)とまだまだな状況ですが、国は推進する方向で全くブレはありません。 近畿運輸局、大阪労働局、近畿経済産業局では、2021年3月8日、この標準的運賃につ...
物流トピック

動機が成果を左右する

今回は、ちょっと物流を離れて、ある有名なイソップ寓話を紹介したいと思います。 時代は中世ヨーロッパ。旅人がある街で、たくさんの職人がレンガを積んでいる場所に行き当たりました。手近にいた職人に、何をしているのか聞いてみます。 する...
物流トピック

物量減少でも物流危機の意識は消えず、DX・ロボティクスに進展あり

カーゴニュース誌で年末恒例の10大ニュースは下記のとおりでした。通販がブームになった一方、BtoBでは大幅に物量が減少しました。その一方で、さほどの運賃押し下げは起こっていません。 これは物流危機への意識が薄れていないためと考えられます。...
物流トピック

「標準的な運賃」、どう使う?

国土交通省では2024年3月までの時限的措置として「標準的な運賃」を公示しています。「相場よりも高い」と受け止めた運送事業者も多かったのですが、いかがですか? 感じ方はどうあれ、ドライバーに対し、法令を遵守した労働時間で妥当な賃金を支...
物流トピック

原価管理、できていますか?

利益を確保し、持続可能、安定的な物流業務を提供するため、原価管理は非常に重要です。国土交通省ではマニュアルを作成し、ホームページ上で無償で公開しています。 物流ABC(活動基準原価計算)を活用すると、「入荷」「梱包」等の活動について原...