物流トピック

物流トピック

業務に優先順位をつける~作業キャパが不足する非常時に備える~

コロナウィルスの影響でスムーズな事業継続が阻害されています。 必要な人員、車両が用意できない場合を想定しておく必要があります。 「必ず継続させるべき業務」、「非常時には省いてもよい業務」を区別しておきましょう。 「商品Aの供給は必...
物流トピック

RPA ~データ入力・集計はロボットにさせよう~

物流の現場ではロボットの活用が検討されています。 作業現場への導入ももちろんアリなのですが、事務作業へのロボットの活用も非常に効果的なので紹介します。 RPAという言葉があります。「あーるぴーえー」と読みます。 「Robotic ...
物流トピック

新年の初めに地球規模での共通目標を踏まえたビジネスを考えてみよう

SDGsという言葉をご存知でしょうか。 Sustainable Development Goalsの略称で「えすでぃーじーず」と読みます。 日本語に訳せば「持続可能な開発目標」となります。 SDGsは、持続可能で多様性と包...
物流トピック

物流現場でロボットの活用が広がりそう

ロボットが物流現場でもどんどん働く時代が来るかもしれません。丸協でもpepper君が点呼の支援をしてくれていますね。 今、物流現場で今後の活躍が期待されているのは、以下のような場面で働くロボットです。 バンニング、デバンニング、搬送...
物流トピック

保管スペースを気軽に貸し借り??

 シェアリングエコノミーという言葉を聞いたことがあるでしょうか? 代表的なものは、エアビー(Airbnb:民泊)とかウーバー(Uber:個人が運転する“タクシー” )です。 これらは個人の空き部屋や空き家など、使っていないもの(遊休...
物流トピック

厚労省も開設 「トラック運転者の長時間労働削減に向けたポータルサイト」

厚労省では2019年9月、上記サイトをオープンさせました。 国交省、経産省、農水省では「ホワイト物流推進運動」を既に共同で展開し、トラック運転者の長時間労働削減に向けて情報提供等に努めており、いかに国がこの問題を重視しているかがわかります...
物流トピック

物流大手各社の業績に陰り。原因は荷動きの鈍化と働き方改革に伴うコストアップ

売上高は微増の傾向ですが、営業利益の減益が目立ちます。先の見通しも明るくありません。 働き方改革に伴う人件費、傭車費などの上昇が大きな原因です。丸協にも同じ状況が来ると考えて備えましょう。 小さな工夫を積み重ねてコストを抑えて下さい...
物流トピック

ホワイト物流自主行動宣言

わが丸協運輸もホワイト物流自主行動宣言を策定、7月22日、国に提出しました。 ホワイト物流推進運動は、法的拘束力はありませんから “やらなくてもいい” わけですが、だからこそ、企業は改善・改革への本気度を示せるとも言えます。 2...
物流トピック

貨物自動車運送事業法で荷主への理解・協力を深める改正

2019年7月1日、改正貨物自動車運送事業法の荷主関連部分の新制度が施行されました。 目的はトラックドライバーの長時間労働を是正し、ドライバー不足を解消することです。 下記のような「違反原因行為」(トラック運送事業者の法令違反の原因...
物流トピック

ドライバー不足はさらに拡大するおそれ

鉄道貨物協会は、ドライバー不足は今後、さらに拡大するという予測を発表しました。 上のグラフは、同協会の2014年発表資料と2019年6月発表資料のデータを合わせて表示したものです。 青い棒グラフは2014年発表のもの。こちらをご覧頂...